« 2000年10月 | トップページ | 2002年7月 »

2001.05.12

■ウズベキスタン旅行記録⑤
~ホテル・ヒヴァ<動画>

動画再生!
▲画像をクリックするクするとビデオが再生されます!
このビデオはブロードバンド向け(250Kbps配信)です。

ホテル・ヒヴァは、ヒヴァの内城にあり、かつてのメドレセをそのまま使ったなかなか他では味わうことのできないホテルです。なにしろ、遺跡そのものに宿泊してしまうイメージですから。
ただし、「ホテル」とは言っても、映像を見ていただければお分かりいただけると思いますが、かなりボロく、宿泊施設としてはほとんどゲストハウスのレベルです。宿泊費も3食付で25米ドル、前回紹介したアルカンチ・ゲストハウスと同じでした。快適さは、むしろアルカンチ・ゲストハウスのほうが上のようにも感じました。
それでも、やはり、「メドレセ」に泊まることができるという点で、一泊の価値はあると思います。

※ この記事は1998年の旅行の記録・ビデオを編集したものです。

■ウズベキスタン旅行記録④
~ヒヴァ/アルカンチ・ゲストハウス<動画>

動画再生!
▲画像をクリックするクするとビデオが再生されます!
このビデオはブロードバンド向け(450Kbps配信)です。

ウズベキスタンに入国して2日目、あらかじめ日本から現地代理店に手配を依頼しておいた飛行機で、ヒヴァへの玄関口ウルゲンチまで行き、そこから白タク(料金:交渉により9ドルでした)に乗り換えヒヴァに向かいました。
ヒヴァのイチャンカラ(内城)には、外国人が宿泊可能な宿が二つあります。ひとつか、今回紹介する「アルカンチ・ゲストハウス」、もうひとつが、後のページで紹介予定の「ホテル・ヒヴァ」です。
ここアルカンチ・ゲストハウスは、1人1泊3食付きで25ドルという料金設定で、他の国のゲストハウスと比較するとちょっと高めに感じます。私たちの宿泊した部屋はトリプルで、バス・トイレ付でしたが、ツインの部屋の中には共同バス・トイレの部屋もあるようです。それでも料金は同じ25ドルのようなので、部屋はいくつか見せてもらって選んだ方がいいと思います。3食付というのは珍しく感じましたが、ヒヴァに数日滞在して理由がわかりました。イチャンカラには食堂のような施設がほとんどなく、バザールなどの屋台もやっている時間がとても短いのです。食事をキャンセルすることでディスカウントできるかもしれませんが、ゲストハウスで食べた方が無難だと思いました。
ゲストハウスの中は中央アジアらしいじゅうたんがあちこちに敷かれ、なかなか雰囲気が良いです。とくに、食堂の隣の、じゅうたんに直にちゃぶ台を並べ、べたっと座り込んだりごろ寝しながら談話できるスペースを私は気に入ってしまいました。

※ この記事は1998年の旅行の記録・ビデオを編集したものです。

2001.05.10

■ウズベキスタン旅行記録③
~ヒヴァ/人々とバザール<動画>

rep_uzb3.jpg
▲画像をクリックするクするとビデオが再生されます!
このビデオはブロードバンド向け(450Kbps)です。

※ この記事は1998年の旅行の記録・ビデオを編集したものです。

« 2000年10月 | トップページ | 2002年7月 »

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

動画つきの旅行記が中心のブログです

  • ▲トップページへ

  • since 12/1997

ぴぃこちゃん

無料ブログはココログ