« 2010年8月 | トップページ | 2011年9月 »

2011.08.28

メークローン市場へ(2)

ウォンウェンヤイからマハーチャイ行きの列車の切符は、乗車してから車内で買うこともできますし、ウォンウェンヤイ駅の窓口で買うともできます。窓口は駅を入って右手にあります。といっても、どこまでが市場でどこからが駅なのかよく判らず、小さな窓口がひとつだけなので、ちょっと見つけにくいかも。線路の終端のちょうど真横あたりだったと記憶しています。

窓口でお願いすると、メークローン線の時刻表がもらえます。タイ語・英語が併記されているので、もらっておくことをお勧めします。

R0010625

(マハーチャイ駅周辺・ここも線路上まで市場が/GRD3)

終点のマハーチャイからは渡し船に乗って対岸のバーンレーム駅に行くわけですが、バーンレーム側の船着き場が駅のそばと少し離れた場所の2か所あるようで、私は離れた方についてしまい、かなり焦りました。

バーンレーム発の列車の時刻は11時10分。渡し船がバーンレーム側に着いたのが、11時3分。船着き場は細い路地(市場?)の末端にあって、周囲が見渡せず駅がどこにあるのか見当がつかない!何度か周りの人に道を尋ねつつ、走りました。路地を進み、路地と垂直に走る見通しの良い通りを右に進むと突き当りがホームでした。ホームを右に進むと駅舎があります。

ホームに着いた時点で11時9分。なんとか間に合った、と思ったのですが、駅に列車がいません!でも、この時はあまり焦りませんでした。「ここはタイ。遅れているに違いない。」

ホームにいた若者グループに「メークローン行きの列車はここに来るんですよね?」「そうですよー。メークローンに行くの?私たちもメークローンに帰るんです。」という回答。とりあえず一緒に待っていると、なんと彼らが私の分の切符まで買ってきてくれました。「いくら?」と私が聞くと、ニコニコしながら「タイ人は優しいからね!」。

結局、その切符は「タイ人専用」とのことで駅員さんから切符を買いなおさなくてはならなかったのですが、それでも、その若者グループの気持ちがうれしかったです。やっぱりタイはいいなぁ。

R0010629

(バーンレーム駅/GRD3)

つづく。

2011.08.27

メークローン市場へ

バンコク滞在最終日、かねてから行ってみたかったメークローン市場に行ってきました。

メークローン市場と言えば、“線路上の折り畳み市場”としてかなり有名になっています。

行きはバンコク・ウォンウェンヤイ駅から列車でトコトコ、帰りはロットゥー(乗合ミニバス)を利用。行き方は以下のサイトに詳しく載ってます。特にロットゥー乗り場をGoogleマップ上に載せてくれていて、とても役立ちました。

http://blog.arukikata.co.jp/guidebook/e_report/2009/05/post_251.html

まずは、午前8時30分発のマハーチャイ行き列車に乗るため、ウォンウェンヤイ駅へ。8時ちょっと前に到着しあたりをうろついていると、ベンチに座って列車を待っていた人々がわらわらと起立。そうです、国王賛歌が流れる時間。久々に聞きました。曲が終わった時、小学生らしき少年が一礼してから着席したのが印象的でした。なんだか清々しい、心地よい時間でした。

R0010623_4

(ウォンウェンヤイ駅ホームから/GRD3)

発車まで30分近くあるので、ホームの食堂で腹ごしらえ。バットに入れて並べられたおかずを適当に指さすと、店のおばちゃんが「ノーチキン、ノーポーク、OK?」。「ヤーク・キン・ガイ(チキンが食べたい)」と答えると、チキンカレーをお皿に盛ってくれました。朝からチキンカレーって聞くと重い感じがしますが、タイのカレーはさらさらで、基本的に小盛なので大丈夫。

___6

(ホーム上の食堂から/iPhone4)

つづく。

« 2010年8月 | トップページ | 2011年9月 »

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

動画つきの旅行記が中心のブログです

  • ▲トップページへ

  • since 12/1997

ぴぃこちゃん

無料ブログはココログ