« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011.09.29

小田和正@東京ドーム

なんか、ものすごく良かったです。「感動した」って言葉が素直に言える。

アリーナ全体に張り巡らされた花道も、そこを走る姿も、復興を願う言葉も、毒舌も、衰えない歌声も、何だが一つ一つ、心に響きました。きっと、64歳にしてあれができるのは、ものすごい努力を続けているからで、そういう小田さんだからこそ、説得力があって、嘘っぽくなくて、心に響くのでしょう。ライブ中、何度もジーンとしたり、全身がゾワっと震えるような感覚になりました。

ラブストーリーは突然にも、秋の気配も、Yes Yes Yesも、東京の空も・・・・いやー、良かった。

そして、照明が本当に奇麗なステージでした。

今回初めて、東京ドームのバルコニー席に座ることができたので、会場全体がちょうどよい角度で見渡すことができたので、その照明、演出の美しさを堪能することができました。

バルコニー席、いいなぁ。

2011.09.11

レディオ体操

先週金曜のミュージックステーションの録画を観ました。

ユニコーンの『レディオ体操』、

5人が学ランで演奏してて、しかもテッシーが第二ボタン外してたり(これって恋人募集中だよね?)、それだけで相当おかしいのですが・・・・・

私はあれを観て思い出したのであります。

YMO『体操』のWinter Live '81の映像を!

うわー、なんか似てるぅ~!体操着でブンブン腕振って踊ってる!




(ブロック回避のため半音上げてあるそうです。それでも消されちゃうんだろうなぁ。とりあえず。)

2011.09.09

岡村靖幸@新木場COAST

ちょっとはにかみ気味に「靖幸ちゃんだぜ~heart

そんなコト言って許されるのは岡村ちゃんくらいです。

うん、健在でした、『家庭教師』を作った天才(変態)、岡村ちゃん。

『どうなちゃってんだよ』『あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう』を初めて聴いた時の新鮮な驚き、なんか笑っちゃう感じもするけどカッコイイって感じ、あの感覚を鮮明に思い出しました。どいうか、もう一度強烈に感じさせてくれました。

むしろ、最近の分厚い音のキーボードの方が、より曲の雰囲気を表現できているというか、昔よりさらにカッコ良くなってる。。。

あんなに、一緒に歌いたくなるライブは珍しいです。

「青春って、One・Two・Three ジャーンプnote」・・・・「じょうねっつsign01

「電話なんかやめてさあ、六本木で会おうよっnote

聞けて良かった。

__

2011.09.07

ユニコーン@武道館

いやぁー楽しかった!
まずは、大好きな「ライジングボール」→「頼みたいぜ」で持っていかれました。聴いてて気持ちいい。
「ライジングボール」、この曲はスッカーンと抜けるような、心地よい高揚感があって好きなんです。どこか、PerfumeのSeventh Heavenと似た高揚感。
「頼みたいぜ」も引き締まっててかっこイイ!
再結成してからの曲の方が自分の好みなんだろうなぁ。音が厚くて、程よく重めで、かっこいいです。
なので、「さらばピッチ」→「オレンジジュース」のところ、しびれました。
そういう、もう、すごくかっこいい演奏がありつつ、テッシーが飛んだり、EBIまで飛んでた。いやー、楽しい!笑った。
笑うとこじゃないかもですが、EBIのアコギソロもこっそり笑った。

いいライブでした。
そして今、手島いさむ大百科が頭を巡ってます。

2011.09.01

メークローン市場へ(3)

バーンレームからの車窓は、ますますローカル色が増します。水上家屋、マングローブの林、林の中にぽつんとある駅・・・・。水上家屋が意外にも新しめで立派なものが多かったのが印象的でした。

のんびりした風景にいつしかうとうとと眠ってしまっていたのですが、車掌さんに肩をたたかれ目を覚ますと、その車掌さんに列車の後方へ行くように案内されました。そう、まもなく終点のメークローン。駅の直線にある市場を、最後尾の窓から見学できるように案内してくれたのです。なんと親切な!

列車は減速して市場内へ。最後尾の窓から見ていると、それまで列車が通る空間を確保すべくたたまれていた各店舗のテントを、列車の通過に合わせて人々が次々に展開していく様子がよくわかりました。実にテンポよく、リズミカルに、列車を追いかけるように次々とテントが展開していく。これは面白い!

R0010631

R0010632_3

R0010636_2

でも・・・・あー、動画で撮ればよかった!後悔。また来よう。

列車が市場を抜けてメークローン駅のホームに到着すると、市場はすっかり元通り。これまで走ってきた線路は完全に市場に埋もれて、市場の一本のソイと化していました。

R0010642

列車を降りて、折り返しの列車が通過するときの折り畳み&展開を見ようと、市場のなかへふらふらと入っていくと、そこは野菜、果物、魚、肉など、生鮮食料品がメインの生活感あふれる市場でした。カメラを持った観光客も目立ちますが、やはり買い物貨客でごった返し、活気があります。

R0010653

R0010654

R0010656

軽く市場を一往復歩いたころに、列車の警笛が聞こえ、各店舗の人々があわただしく線路上に並べた商品をしまい、テントを畳みます。私も商品が載った台と台の隙間に逃げ込みました。間もなく、列車が自分の真横すれすれを通過。すごい迫力。地面に直に敷かれたゴザの上に並べられた商品は片付けられることもなく、列車はその上を通過。

R0010644

R0010645

列車が通過すると、再びテントを展開、商品を線路上へ。

R0010647

R0010648

駅へ戻ると、ホームの上も市場&食堂に占領された感じになっていました。大音量でカラオケを歌う人までいて、えらく賑やか。次の列車は4時間くらい後なので、このにぎわいは列車を待つ人々ではないはず。。。

ホーム上の食堂で「豚肉のニンニク炒めぶっかけご飯・目玉焼き添え」といった感じのものを食べてから、復路のロットゥー(乗合ミニバス)乗り場を探しました。こちらの地図(Googleマップ)を参考に歩くと、簡単に見つかます。バス乗り場というより、ワゴン車が2台ほど並んだガレージといった感じの場所。ワゴン車の後方に、待合のベンチと、さらに奥にトイレがあります。ここのトイレは意外なほどきれいでした。

バンコク・戦争記念塔まで直通で70バーツ。車は大きめのワゴン車といった感じで、エアコンも効いていてきれいです。

(行き方・参考)http://blog.arukikata.co.jp/guidebook/e_report/2009/05/post_251.html

R0010657

(メークローン線の線路は川で終わっていた・なぜかディーゼルカーのハリボテが/GRD3)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

動画つきの旅行記が中心のブログです

  • ▲トップページへ

  • since 12/1997

ぴぃこちゃん

無料ブログはココログ